未登記建物・自動車・貴金属、遺言書や遺産分割協議書にどのように記載する? | 遺言,家族信託,後見,相続手続は,名古屋総合相続相談センター・本山相続相談センターに|名古屋市,愛知県
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

オーダーメイドの相続プランニングと相続税コーディネートにより円満相続と相続税節税を実現します!

名古屋総合相続相談センター 本山相続相談センター

名古屋・丸の内事務所

地下鉄 鶴舞線・桜通線
丸の内駅4番出口徒歩2分

金山駅前事務所

金山駅
南口 正面すぐ

本山駅前事務所

本山駅
3番出口すぐ

岡崎事務所

JR岡崎駅
徒歩8分

未登記建物・自動車・貴金属、遺言書や遺産分割協議書にどのように記載する?

416605

遺言や遺産分割協議書では、誰に【何を】相続させるのかを示すため、しっかりと対象物を特定することが望ましいです。以下の記載例を参考になさってください。

なお、以下の記載例は遺言書の様式ですが、遺産分割協議書の場合は、「Aは下記の財産を相続する。」と記載すればよいでしょう。

未登記建物を相続させる場合

第1条
遺言者は、遺言者の有する下記の建物を、妻A(昭和○年○月○日生)に相続させる。
所  在   名古屋市中区丸の内二丁目20番地
家屋番号   未登記につきなし
種  類   居宅
構  造   木造亜鉛メッキ鋼板葺平家建
床面積   20.25平方メートル

自動車を相続させる場合

第2条
遺言者は、遺言者の有する下記の自動車を、長男A(昭和○年○月○日生)に相続させる。
登録番号   名古屋○○○や○○○○
種  別   普通
用  途   乗用
自家用、事業用の別   自家用
車  名   トヨタ
型  式   ○-○○○○
車台番号   車台番号
原動機の型式   ○○

信用金庫の出資持分を相続させる場合

第3条
遺言者は、遺言者が○○信用金庫に対して有する下記の出資持分を、妻A(昭和○年○月○日生)に相続させる。
口 数   ○○口
一 口   ○○円

貴金属(宝石・アクセサリー・時計)を相続させる場合

第4条
遺言者は、遺言者の有する下記の動産を、二女A(昭和○年○月○日生)に相続させる。
1 品  名   ダイヤモンドリング
製造者   ○○
型  番   ○○
素  材   Pt950
サ イ ズ   9号
主  石   ダイヤモンド0.5カラット
重  量   ○○グラム
カ ッ ト   EXCELLENT
カラーの等級   ○○
クラリティ   ○○
2 品  目   ダイヤモンドネックレス
製 造 者   ○○
型  番   ○○
素  材   K18
主  石   ダイヤモンド0.3カラット
サ イ ズ   50センチメートル
重  量   ○○グラム
3 品  目   時計
品  名   ○○○○
製造者名   ○○株式会社
製造番号   ○○○○○○
相続手続き・遺言などのご相談予約・お問い合わせは | ご相談予約専門フリーダイヤル | 0120-758-352 | 平日・土日祝 6:00~22:00