遺言 | 相続手続き・遺言・後見なら名古屋相続手続き遺言後見センター|名古屋市愛知県

遺言

isanbunkatsu_02

相続により、亡くなった方の財産が他の人に引き継がれます。相続されるのは、預貯金や不動産などプラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産も引き継がれます。

遺言書がない場合には、法律の定める相続人(法定相続人)が法律の定めにより相続し、財産をわける手続きを行って引き継ぎます。法定相続人が具体的に財産をわける手続きを「遺産分割」といいます。

遺言書がある場合には、死亡と同時に、遺言で指定された人が遺言で指定された財産を取得します。そして、遺言によって財産を取得した人は、遺言書を使って、不動産の登記名義を変更したり、預貯金の払戻し・名義の書き換えを行うことになります。

遺言は、人の最終意思の表現です。

  • 相続の対象となる財産をしっかり把握する
  • 遺留分等の法律上の制度に配慮する
  • 遺言によって実現したいことを明確にし、しっかりと書く

相続争いを予防するだけでなく、大切な人に大事な財産をのこすため、遺言を作成しましょう。


相続手続き・遺言などのご相談予約・お問い合わせは | ご相談予約専門フリーダイヤル | 0120-758-352 | 平日・土日祝 6:00~22:00