相続手続き・遺言・後見なら名古屋相続手続き遺言後見センター|名古屋市愛知県

代表者・弁護士のご挨拶

浅野弁護士

弁護士・司法書士・税理士・社労士による相続・相続税・高齢者専門チームが、相続発生後においては、遺産整理業務などの相続手続きを、遺言がある場合は、遺言執行業務を、遺産分割協議が成立しない、まとまらない、第三者に入ってほしいという場合は、チームの相続弁護士が相談・あっせんをさせていただきます。

また、相続発生前において、弁護士が高齢者の介護を踏まえた生前の財産処分として充実した相続・法律相談をしたうえで、遺言書・死因贈与契約書の作成とその手続きをさせていただきます。

高齢者の方が認知症・施設入所などの問題のおそれがある場合は、成年後見契約・成年後見開始手続きをさせていただいてご安心できる環境作りをお手伝いさせていただきます。

相続手続きをお考えの方へ

相続手続き一般

相続開始から、様々な手続きが必要です。書類の作成や相続人・相続財産調査などしっかりとサポートします。

相続税申告

納めるべき税金と、必要のない税金を見極めて申告手続きいたします。

不動産の手続き

不動産の相続手続きについて知っておくべき基礎知識をご案内いたします。

銀行口座の手続き

死亡した後の銀行口座の手続きについて、ご説明しております。

有価証券の手続き

有価証券の手続きで気を付けるべきポイントをご説明いたします。

自動車の手続き

故人の残した自動車の手続きについてご案内しております。

生命保険金の受取

生命保険金の受け取りに関して、わかりやすくご説明しております。

遺族年金の受給手続き

遺族年金が受給できる場合がございます。ぜひご確認ください。

相続手続きチェックリスト

相続手続きは、様々なものがあります。忘れているものがないか、しっかりチェックしましょう。

相続についてお困りの方へ

遺産分割協議

相続人が複数いる場合、遺産を各相続人に具体的に配分していく手続が必要です。

遺留分減殺請求

遺留分を侵害するような相続が行われたときは、「遺留分減殺請求」により、財産の返還を要求することができます。

相続放棄

借金、負債、さらには損害賠償責任などの「マイナスの財産」を放棄するべきか否か判断します。

生前の相続対策をお考えの方へ

円満な相続のための準備

スムーズに相続を完了するためには入念な準備が大切です。

相続税の節税対策

相続税をムダに多く払わないために適切な対策を講じましょう。

納税資金を用意しましょう

不動産などの相続には、あらかじめ納税資金が必要です。

遺言書を書いておきましょう

適切な遺言書を残しておくことで、無用なトラブルの種をなくしておきましょう。

贈与をしておきましょう

あらかじめ生前贈与をすることも有効な方法です。

成年後見をお考えの方へ

後見を利用しましょう

後見制度を活用して、不測の事態に備えましょう。

業務案内

生前のお手続き

遺言・死因贈与契約書に関する事前のご相談から、作成 及び 保管、執行までご要望に応じてサポートします。

生きているうちに、自分の財産を人(相続人でなくてもよい)に無償ないし負担付であげることです。

判断力が低下した際に、代わりに契約をしたり、援助したりする人を選任します。

相続発生後のお手続き

相続開始から、様々な手続きが必要です。書類の作成や調査などしっかりとサポートします。

相続人が複数いる場合、遺産を各相続人に具体的に配分していく手続が必要となります。相続人間で協議が既に成立しているときは、司法書士が文書化させていただきます。協議が未成立で、ご相談・あっせんをご希望されるときは、弁護士がご相談・あっせんをさせていただきます。

借金、負債、さらには損害賠償責任などの「マイナスの財産」を放棄するべきか否か判断します。

遺産相続手続きの流れ

遺産相続の流れをまとめてご案内します。故人の死亡・葬儀後に必要な手続きは数多くあり、また期限が限られています。
故人の状況により異なりますので、ぜひご相談にいらしてください。

親の死亡など
相続手続きが開始します

死亡届の提出
市区町村へ提出します
年金事務所にも提出します
厚生年金:死亡日から10日以内
国民年金:死亡日から14日以内

以内
市区町村へ

遺言書の有無
・公正証書遺言の有無の確認
・自筆証書遺言の検認手続き

相続人の調査
・亡くなられた方の出生から死亡までの
戸籍謄本の収集などの相続人調査
・相続関係説明図の作成

財産の調査
・亡くなられた方の財産の調査
・財産目録の作成
預貯金・有価証券・生命保険・不動産など

相続方法の決定
単独承認・限定承認・相続放棄
のいずれかを選択します。
期間伸張の申し立ても可能です。
ヶ月
以内

準確定申告
亡くなられた方の所得税の申告と
納付をします。
ヶ月
以内
税務署へ

遺産分割協議
誰がどれだけの遺産を相続する
のか協議し、遺産分割協議書にし
て記名押印します。

相続税の申告
必要な資料を集めて、相続税の
申告を行います。過不足のないよ
うに申告しましょう。
10ヶ月
以内
税務署へ

 

遺産総額が相続税の基礎控除の範囲内で、
相続税がかからない方は、申告は必要ありません。
小規模宅地等についての課税価格の計算の特例
配偶者に対する相続税額の軽減の措置
以上は、納税者が申告書を提出して、必要事項を記載した書類を添付しなければ、適用されません。

名義変更
預貯金・有価証券・生命保険・不
動産などの名義変更手続きを行
います。

相続手続き完了です。
長い間たくさんのお手続き、お疲れ様でした。
安心して、少し休んでくださいね。

司法書士のご挨拶

はじめまして。司法書士の加藤綾子と申します。

「相続が発生した際は、どんな引き継ぎが一番良いのだろう。」

お考えはご家族の構成や、ご自身のお立場によっても様々ですよね。

生前の段階から具体的な段取りをイメージすることはなかなか難しいかと思います。

またひとたび相続が開始してしまうと、目まぐるしくあらゆる手続きが押し寄せてきます。相続人の方々はゆっくりと判断するいとまもなく、期限に追われることになりがちです。

どの段階であっても、迷われていたら、どんなことでもこちらまでご相談ください。

弁護士と司法書士・税理士・社労士がチームを組んで、専門家としてお役に立てるよう、誠心誠意アドバイス致します。

税理士のご挨拶

遺産相続の際の相続税や贈与税などに関しては、「早めに準備しておいた方がいいな」と思いながらも、中々できないものです。

今すぐに準備をしなくても直ちに支障をきたすものではないし、「まだまだ時間がある」と後回しになりがちです。

しかし、相続が目の前に迫ってきた時にはもう準備をする余裕はなくなってしまうのです。

土地や建物などを相続するのに、納税資金がなければ「物納」の憂き目に会うことにもなりかねません。

また、土壇場になってからでは税理士をじっくり比較検討して選ぶ暇もありません。

ご兄弟や知人等の紹介の税理士と相性が合わないこともございます。

もし相続税に関して不安に感じることがあれば、いつでもご相談ください。他にはない組織力と経験に基づくノウハウで、お客様のご要望に合ったオーダーメイドのサポートを致します。

相続に関する法律相談をできるのは弁護士だけです

相続手続きを含む相続相談は、弁護士に。

税理士・司法書士・行政書士ができるのは、限られた相続手続きと手続きの相談だけです。

税理士・司法書士・行政書士による遺産分割相談・あっせん・遺言相談など一般に相続相談と言われる相続の内容にわたる法律相談は、違法です。

相続相談は弁護士に!

登記を含む相続手続きは、弁護士と司法書士・税理士・社労士の相続専門チームに!

新着お役立ち情報

新着情報