どんな財産が相続の対象になるの? | 相続手続き・遺言・後見なら名古屋相続手続き遺言後見センター|名古屋市愛知県

どんな財産が相続の対象になるの?

プラスの財産

不動産(土地・建物) 宅地・居宅・農地・店舗・貸地など
不動産上の権利 借地権・地上権・定期借地権など
金融資産 現金・預貯金・有価証券・小切手・株式・国債・社債・債権・貸付金・売掛金・手形債権など
動産 車・家財・骨董品・宝石・貴金属など
その他 ゴルフ会員権(※会則による)・著作権・特許権・商標権・意匠権など

賃借権の相続に貸主の承諾は必要ありません。

マイナスの財産

借金 借入金・買掛金・手形債務・振出小切手などの支払債務
公租公課 未払の所得税、住民税、固定資産税など
預かり金の返還債務 預かり敷金・保証金など
その他債務 払費用・未払利息・未払の医療費などの債務

借金の額が過大である場合は、「相続放棄」の手続きをすることで、借金の返済をしないという選択をすることができます。

プラスの財産に関しては、相続人の間で話し合いをするなどして、法定相続分とは異なる割合で分割・相続することができますが、マイナスの財産については、必ず法定相続分で相続することになります。

遺産に該当しないもの

  • 受取人指定のある生命保険金
  • 受取人が指定されている死亡退職金
  • 墓地、霊廟、仏壇・仏具、神具など祭祀に関するもの
  • 被相続人の一身に専属したもの…扶養請求権、財産分与請求権、生活保護受給権、国家資格など
  • 身元保証など保証額に期間や制限のない保証債務
  • 遺族年金
  • 損害賠償金
  • 香典、弔慰金、葬儀費用

相続手続き・遺言などのご相談予約・お問い合わせは | ご相談予約専門フリーダイヤル | 0120-758-352 | 平日・土日祝 6:00~22:00