不動産の登記はどうしたらいい | 相続手続き・遺言・後見なら名古屋相続手続き遺言後見サポート|名古屋市愛知県

不動産の登記はどうしたらいい

相続登記とは、被相続人(亡くなった方)から、不動産を相続する際に登記名義を被相続人から相続人に変更する手続きを言います。

相続登記を行う際には、まず、遺言書の有無の確認をし、遺言書がない場合には話し合い(遺産分割協議)をする必要があります。

isanbunkatsu_02

司法書士本人が登記に必要な業務を全て行います

名古屋総合司法書士事務所は、最初のお電話・メールによるお問い合わせへの対応、ご来所いただいた際の相談、申請書類の作成、完了書類のチェック等全てを、司法書士が直接自ら行います。

依頼者の方に不測の損失を生じさせない為に万全の体制をとっています

登記原因に法的な疑問や不安要素がある場合は、各分野の弁護士と、また、税法上不利益な課税が生じるのではとの疑問、不安があるときは、直ちに資産税に強い税理士と共同して検討・調査して、対応させて頂きます。

touki_01

名古屋総合司法書士事務所では、経験豊富な司法書士が女性ならではの目線で、きめ細やかで迅速なサービスを提供いたします。 ご相談、お見積もりは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

⇒ 詳しくは、名古屋総合司法書士事務所の登記サイトをご覧下さい。


相続手続き・遺言などのご相談予約・お問い合わせは | ご相談予約専門フリーダイヤル | 0120-758-352 | 平日・土日祝 6:00~22:00