相続税の節税対策 | 相続手続き・遺言・後見なら名古屋相続手続き遺言後見センター|名古屋市愛知県

相続税の節税対策

setsuzei_01

相続財産に対して課せられる税金が相続税です。

相続財産とは、亡くなった方が、亡くなった日に所有していた財産をいいます。

相続税は、相続財産が多いほど高い税率によって計算されます。

そのため、生前に相続財産を減らしておくことは、有効な相続税の節税対策となります。

節税の考え方は大きく分けると2つあります。

(1)贈与

相続財産を減らすには様々な方法がありますが、その代表的なものとして生前贈与があります。

生前贈与とは、生きているうちに、自分の財産を自分以外の人(相続人でなくてもよい)に無償であげることです。

ご自身が元気なうちに特定の人に財産を譲り渡して、相続財産を減らしておき、将来相続人が負担する相続税を抑えることが可能となります。

(2)財産評価を下げる方法

相続税を計算するうえで、不動産(土地や建物)の評価は非常に難しい分野です。しかし、不動産をうまく活用することができれば、相続税の節税対策にとても有効な分野となります。

例えば、更地にアパートを建てて「貸家建付地」にしたり、小規模宅地等の特例を適用できるように工夫して相続財産の評価額を安くする方法などがあります。くわしくは、税理士法人名古屋総合パートナーズのホームページをご覧ください。

http://nagoya-sozokuzei.jp/fudousan/


相続手続き・遺言などのご相談予約・お問い合わせは | ご相談予約専門フリーダイヤル | 0120-758-352 | 平日・土日祝 6:00~22:00