相続放棄手続きはどうやってやればいいの? | 遺言,家族信託,後見,相続手続は,名古屋総合相続相談センター・本山相続相談センターに|名古屋市,愛知県
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

オーダーメイドの相続プランニングと相続税コーディネートにより円満相続と相続税節税を実現します!

名古屋総合相続相談センター 本山相続相談センター

名古屋・丸の内事務所

地下鉄 鶴舞線・桜通線
丸の内駅4番出口徒歩2分

金山駅前事務所

金山駅
南口 正面すぐ

本山駅前事務所

本山駅
3番出口すぐ

岡崎事務所

JR岡崎駅
徒歩8分

相続放棄手続きはどうやってやればいいの?

● いつまでに:自分が相続人となったことを知った日から3ヶ月以内に

● どこに:被相続人の最後の住所地の家庭裁判所に対して

管轄の裁判所を調べるには、こちら

● 何する:相続放棄申述書を提出する。

裁判所に書類を提出をした後、
その内容によっては「お伺い」という書類が届くことがある。
認められれば、「相続放棄申述受理通知書」が送られてきます。

相続放棄は、亡くなった方(被相続人)のプラスの財産もマイナスの財産(負債)も放棄する手続きです。

家庭裁判所に

  • ・相続放棄申述書
  • ・被相続人が亡くなったことが分かる戸籍謄本
  • ・亡くなった人の住民票除票もしくは戸籍附票
  • ・申述した人の戸籍謄本

などを提出することが必要です。

被相続人との関係によって、提出する書類が変わってきますので、詳しくはこちらをご覧ください。

なお、他の相続人や次に相続人になる人(次順位の相続人)がいる場合や、被相続人に対して債権を持っている人がいる場合には、相続放棄をしたことを伝えておくと後々スムーズです。

参考文献・サイト:

「身内が亡くなったときの届け出と相続手続き」
相続情報ラボ https://souzoku-jouhou.com/inheritance-tax/3110/

introduction_01

introduction_02

相続手続き・遺言などのご相談予約・お問い合わせは | ご相談予約専門フリーダイヤル | 0120-758-352 | 平日・土日祝 6:00~22:00